2025年の世界




こんにちは!

【転職エージェントneo】東京の牛尾です。

P1020268

 

■今回はこれからくる2025年の世界についてお話させていただきます。

 

 

◆2015年の世界について

2015年は就業者は 6,274 万人おり、就業率は 58.1%である。

そのうち、男性は3,585万人(就業率は68.9%)、女性は2,689万人(就業率は49.0%)である。

 

年齢別にみると、団塊ジュニア世代のいる35?44 歳が1,430 万人と最も多い。また、就業形

態別にみると、正規雇用は3,302万人である。

 

◆人口減少について

2025年は、15~64歳の生産人口だけでなく、総人口もピークアウトし、本格的な人口減少下にある。

しかも、人口構成は、17歳以下13.6%、18~34 歳 16.7%、35~59歳 33.2 %、60 歳以上 36.6%と、

少子高齢化が一層顕著になっている(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」)。

 

◆上記から考えられること

・人口減少にともない、人材は不足する。

・人口減少にともない、雇用機会は喪失する。

 

参考文献:Works Report 2015(リクルートワークス研究所)

 

※上記一部抜粋

 

これから訪れる世界は、人口減少などの社会現象や、ITの発展による技術革新によって、

 

これまでの終身雇用(長期雇用)の概念が通用せず、【組織や会社】ではなく、より

【個人】にフォーカスがあたり、社会で必要とされる人とそうでない人の二極化が進むと

予想されています。

 

今は比較的景気が良いため、社会全体をみてもあまり仕事がなくなることや、

働き方が変わっていく、という危機感を感じにくいかと思います。

 

ただし、実際に10年後には、上記のような世界がやってくることが

シュミレーションされており、ほぼ間違いなくこの世界は現実になっていくでしょう。

 

 

そのために、2025年までの10年間をどのように過ごすのかがとても重要になってきます!!!

 

これから転職をお考えになる方、現在転職活動真っ最中の方に関しましては、

今一度「将来のなりたい姿や実現したいこと」を見直してみてください。

 

そして、その「将来のなりたい姿や実現したいこと」を実現するために

これからきたる社会の現実にしっかり目を向け、その上で「今やるべきことはなにか」

 

「それを実現するために、何を最優先にすべきか」という点をしっかり整理して

転職活動に臨んで頂ければと思います。

 

しかしながら、そのような「将来なりたい姿や実現したいこと」というのは、自分一人で

考えると、なかなか定まらなかったり、考えても整理できなかったりするものです。

 

さらに、自分の経験やスキルが、社会の中で、どのぐらい価値があるのか、

そして、今後どのようなキャリアを描くことができるのか、ということについては、

なかなか自分自身で判断がつきにくいかと思います。

 

その時は、是非「転職エージェントneo」を利用してみてください!!!

経験豊富なアドバイザーが、これまでの経験をしっかりヒアリングしたうえで、

多角的な視点からしっかりアドバイスさせて頂きますので是非ご興味がある方はご連絡ください!!!

 

ネオキャリア 牛尾