仕事の考え方




150425254647 はじめまして、【転職エージェントneo】関西の福崎と申します。
今回、仕事の考え方というテーマでお話したいと思います。

現在日本は、グローバル化とIT化によって急速に世界と身近になり、
今後これまでと同じ働き方では生き残れない時代になってきます。

日本は現在少子高齢化で、国内市場は縮小しますが、世界の人口は現在の約72億人から、
2025年には80億人に増えると言われ、需要は拡大します。
また、インドや中国などの経済好調が続くことが予想され、『アジアの時代』に突入します。

2020年に東京オリンピックが開かれることも決まり、世界が日本に注目する事になります。
そんな中、現在アベノミクスによる構造改革・規制緩和が進み、国内市場も
大チャンスが巡ってきている中で、外国企業や外国籍の方が活躍しやすい環境を整えられれば
世界の需要を呼び込むことが可能になっていくはずです。

日本が今後成長するか成長しないかは、我々日本人のひとりひとりの仕事に対する考え方や
意識を変えていく必要があります。

転職成功する人の傾向

我々が求職者様とのご面談を通して感じる傾向としては、転職を成功する方は、
自ら仕事を取りにいける方、逆に失敗する方は受け身な方になります。
○○してくれないという捉らえ方ではなく、○○をやってみたが実現できなかったというイメージです。
また企業がほしがる人材も、能動的なタイプの方です。

つまり、大手有名企業に勤めるかが大切ではなく、中小でもよいのでどのような仕事ができるか、
会社の一員ではなく、個人としての価値とキャリアを描いていく必要があります。

現在大手が大手ではなくなってきている時代です。
その中で受身で仕事をしている方に関しては、その企業がなくなってしまうと、
何も残っていないという事になってしまいます。

まずはその考え方を取っ払って頂き、何がおきても柔軟に対応できるだけの経済人としての
力を身につけないと、今後の日本の成長はありえません。
日本の経済環境は今後整うと私は思いますので、そのためには一人ひとりが考えを変え、
社会に貢献していくべきだと思っております。

これから重要なのは自ら情報を取得すること

少し話しは変わりますが、広告も今までテレビから見て情報を得ていたものが、
現在ITが進化し、検索画面から自分がとりたい情報を探り知識をつけていけるようになりました。
これからは情報や仕事を能動的に取っていかないと、おいていかれる時代になります。

ですので、是非前向きに仕事を捉えていただき、会社も嫌だからやめるのではなく、
今後のキャリアを考えて、前向きに転職すべきだと思います。

もし現職に少しでも悩まれていらっしゃれば、是非一度お話を聞きにいらっしゃってください。
前向きなご面談が得意です!

親身になり、お話を聞かせて頂きますので、何卒宜しくお願い致します。