円満退職の方法

気持ちよく新しい職場でのスタートできるようにしましょう!

退職までの流れを知ろう!

手続きなど、退職するためにやるべくことはたくさんあります。
最後の難関もうまく対応をして「円満退職」し、気持ちよく新しい職場でのスタートできるようにしましょう!

退職までの流れを知ろう!

Step01: 退職の意思を伝える

上司や周囲への退職の伝え方は留意すべきポイントがいくつかあります。

①退職の申し出時期は就業規則で確認

退職の申し出は、就業規則に申し出時期の定めがあります。大体の場合は1ヶ月前です。
また、業務の引き継ぎなどを考え、実際の退職希望日までは余裕を持って申し出るようにしましょう。

②退職の意向を軽々しく言わない

仲の良い同僚につい話してしまった場合でも、いつの間にか上司に伝わり、印象がよくないというケースにつながってしまいますので、注意しましょう。

③退職を伝える順番に注意

最初は直属上司に退職の意向を伝えるようにしましょう。上司より前に同僚が知っていたという状況になってしまうとマイナスイメージですので、気をつけましょう。

④転職先を名言しない

転職先を退職の際に公表する必要はありません。転職の意思の強さと今までの感謝を伝え、退職を承認してもらえるように誠意を持って対応しましょう。

Step02: 退職日の相談

法律では、退職の申し出から2週間で雇用関係の解消を成立することになっていますが、円満退職法律では、退職の申し出から2週間で雇用関係の解消を成立することになっていますが、円満退職のためには会社の定めるルールに従ったほうがいいポイントがあります。

①退職日は上司と相談して決める

②引き継ぎなどの支障がでないように退職日と入社日を相談して決定する

③入社日は決定後の変更は基本しないよう、退職日もゆとりをもって調整する

Step03: 退職願の提出

退職時の手続きのひとつとして、退職願の提出が必要な場合があります。
退職願は退職を証明する書類ですので、詳細な転職情報などは記載しなくても大丈夫です。
退職日が確定したら、直属上司に提出しましょう。

退職願フォーマットダウンロード

Step04: 仕事の引き継ぎ

退職日が確定したら、なるべく早めに仕事の引き継ぎをしましょう。
あなたがいなくなっても、お客様に迷惑がかからないよう、今までの信頼を失うことのないよう、引き継ぎはしっかりと慎重にやりましょう。

①資料を作成

進行状況、自分の担当領域などを詳細にまとめておきましょう。担当者の方の性格や特徴、気をつけるべきポイントなどの情報もあるとなおよいと思います。

②お客様に引き継ぎと今までのお礼をする

業務の引き継ぎを社内で完了させると当時に、お客様に引き継ぎの旨と今までのお礼をなるべくなら直接、スケジュール的に難しい場合は、電話とメールで必ず行いましょう。

Step05: 退職

退職に関しては、取引先や社内で関わった方々にはきちんと挨拶をしましょう。

①退職理由は具体的には伝えない

②転職先の具体名は伝えない