転職の流れ

転職活動の全体像を把握して行動することで、自分自身についても整理しやすくなります。

まずは転職活動の全体像を把握しよう!

今すぐ転職をお考えの方も中期的な視野で転職をお考えの方も、
まずは転職活動の全体像を把握することで、よりよい転職先と出会うきっかけが増やせます。
転職活動フェーズごとに押さえるポイントをまとめてみました。

まずは転職活動の全体像を把握しよう!

Step01: 転職前の整理

1.転職活動のスケジュールを立てる

一般的に転職活動期間は約3ヶ月とされています。まず始めに、いつまでに転職を実現したいかゴールを設定しましょう。ゴールが明確になると、転職活動のスケジュールが立てやすくなります。
実際に選考が始まった際のスケジューリングのポイントは、仕事の見通しを立て、予め「転職に集中する日」を平日・休日ともに設けておくとよいでしょう。面接準備が手薄にならないように、やみくもに面接を入れないように留意しましょう。

2.転職理由を明確にする

「どうして転職をしようと思ったのか」という動機・きっかけを整理し、今回の転職でどんな環境・仕事内容・条件などを希望するのかまとめておくとよいでしょう。今後の企業選びや面接、入社の意思決定をする際に、転職に対する「軸」が定まっていないと大変重要です。転職をしようと思った時にまとめておくと、活動中の振り返りにも使用できますので、しっかり考えを整理しておきましょう。

3.経歴・実績・自分の強みを整理する

これまでの仕事で経験したこと、実績を細かく時系列で整理しましょう。また、その中で今後の転職で活かせるスキル・経験も洗い出しておきましょう。 今までの振り返りが終わったところで、自分の強みや得意なこと、スキルを整理し、自己PRをまとめてみましょう。書類作成、面接などさまざまな場面で、自分のことについて問われます。早いタイミングで棚卸をしておくと、後々役に立つこと間違いなしです。

POINT

転職活動を始めるにあたって、一番初めに自分のことや今までのこと、転職に関する考え方など整理をしておく必要があります。きちんと考えておくことで、その後の活動がスムーズに!

Step02: 情報収集

1.求人情報

はじめに、世の中にどのような求人が存在するのかを幅広く調べてみましょう。最初は幅広く興味がある業界・職種から企業・仕事内容を確認しましょう。本当に自分とマッチするかどうか検討する為にも複数の求人をピックアップしてみましょう。 特に『インターネット』『口コミ』『転職支援会社』など幾つかのルートを通じて情報収集することで様々な観点を知ることができ、より自分がやりたいことが明確になります。

2.業界研究

業界の流れや動向等も採用情報を知るうえで一つのヒントになります。希望している業界以外でも、今後のチャレンジが可能な業界があるかもしれませんので、まずは世の中にどんな業界があるか調べて、今後の活動につなげていきましょう。

3.職種研究

自分が希望している職種の仕事内容や業務領域、どのようなスキルや経験が求められるかなど、事前に把握しておくことが必要となります。 特に未経験職種への転職を希望する場合は、自分がこれまでに培ってきたスキルや経験が、希望する職種でどれほど活かせるのかを考えることで、自分をアピールする方法を考える切り口となります。

POINT

転職活動において、事前の情報収集は非常に重要です。実際に企業へ応募する前に、「インターネット」「口コミ」「転職支援会社からのアドバイス」など、できるだけ多くの情報をキャッチアップしましょう。世の中には、よい意見・悪い意見もたくさんあります。自分自身で情報を整理し、判断することが必要です。

Step03: 応募

1.履歴書と職務経歴書を作成

応募する前に、履歴書と職務経歴書を作成します。すでにポイントをおさえているテンプレートを利用して作成することで、効率化を図りましょう。今までの経験で何ができるのか、どんな実績を残したのかというポイントをまとめ、あなたの経歴を魅力的に伝えることのできる履歴書と職務経歴書にしましょう。

2.志望動機と自己PR

企業への応募の際に、志望動機や自己PR求められることがあります。その際は、応募するポジションの募集背景や職務内容を理解したうえで、転職理由を交えて簡潔にまとめてみるとよいでしょう。

【参考ページ】
POINT

下調べが終わったら、いよいよ企業へ応募をします。最初の難関は「書類選考」です。
応募した企業の書類選考に通過しないと面接に臨むことができませんので、書類作成のポイントをおさえ、内定へ一歩前進できるようにしましょう。

Step04: 面接

1.面接前の準備

面接を通過するためには、応募ポジションの情報収集だけでなく面接の流れや過去の質問事例などを把握し、イメージトレーニングをしておくとよいでしょう。転職支援会社は、過去の面接での事例などを蓄積していることがあるため、個人での応募よりも面接対策がしやすくなります。

2.面接マナー

面接は受け答えの内容だけでなく、態度やマナーも合否の基準にもちろんなっています。社会人としてビジネス経験を積んでいても、面接当日は緊張のあまり普段は当たり前のように行っていることも、ついついできなくなり、面接官に悪いイメージを与えてしまうこともあります。緊張する気持ちを落ち着かせ、一般常識・マナーを意識して普段通りの自分で臨みましょう。

【参考ページ】

3.面接で伝えるべきこと

どんな職種や企業への応募でも、面接で経営者や人事が聞きたいことには共通点があります。面接官がどんな視点で選考をしているのかを知った上で、何を面接で伝えるべきなのかを明確にして、面接に臨みましょう。

【参考ページ】

4.面接でよくある質問内容

面接でよくある質問に対する答えをあらかじめまとめておきましょう。ただまとめるだけでなく、その質問がどんな意図でなされているのかを知った上で、整理しておくことをおすすめします。

【参考ページ】
POINT

書類選考通過後は、いよいよ面接です。面接では緊張の中、自分のことを限られた時間と面接官の対話の中で伝えなければなりません。 面接当日成功させるためには、事前の準備と心構えが大切です。

Step05: 退職

1.退職までの流れ

内定後、「退職交渉」をスタートさせます。まずは、上司に退職の意思を打ち明けることになりますが、人によっては、慰留を迫られたり、退職交渉が難航するケースもありますので、転職するという強い意思を持ち、交渉しましょう。また、今までお世話になった方々に対して、誠意を持って最後まで対応していく必要があります。

【参考ページ】

2.諸手続き

退職・入社に必要な手続きがたくさんあります。退職願、労働契約、年金、社会保険など、必要な手続きがさまざまありますので、流れを知り、一つひとつ丁寧に対応をしていきましょう。

POINT

準備の努力が報われ、見事内定を獲得し、次の職場が決定しても、まだ転職活動は終了ではありません。退職をするまでは様々な対応が必要になります。各フェーズでどのように進めることがよいかをきちんと知った上で、退職までの手続きを進めていきましょう。