転職スケジュール

事前準備から入社までをイメージし、どのように行動すればいいかを知って活動をスタートしましょう。

転職活動成功のための計画はこう立てろ!

転職活動は一般的に2~3カ月の期間で決まると言われています「いつ頃までに決めよう!」という期限を設けたほうが、スケジュールをあらかじめ立てて効率的に活動を進められます。事前準備から入社までをイメージし、どのように行動すればいいかをまずは知り、活動をスタートしましょう!

転職活動成功のための計画はこう立てろ!

Step01: 《1~2週間》

転職活動準備

転職活動は、社会人になってから今までの仕事を振り返り、キャリアの棚卸しをすることから始めます。スキル・成功体験・評価ポイント・実績などをまとめるといいでしょう。強みをさらに成長させたり、今より活かすことのできる環境を探すことが転職活動です。同時に「転職理由」を整理をします。何を解決・実現するために転職をするのかをじっくり考えましょう。年収UP・ワークライフバランス・役職UPなど、諸条件もふまえた上で、何が大切なのか優先順位を決めておきましょう。内定後の意思決定時や転職活動に迷ったときの価値基準になりますので、スタート段階できちんと考えておきましょう。

Step02: 《2~3週間》

企業への応募

Step01で整理した「強み」と「転職理由」を満たすことのできる企業へ応募を始めます。スタート時は、あまり応募先を限定しすぎず、自分の志向に合致する企業は応募することが成功のカギです。また、複数社、選考にチャンレジしておきましょう。1社ずつ丁寧に行うのはいいのですが、不合格だった場合にリスタートという形を繰り返すと、チャンスが半減します。複数社同時並行しておくと、比較検討することが可能になり、最良の選択ができるのもメリットです。応募しようと思った企業は、いつまでも求人の募集をしているわけではありませんので、後々後悔することがないように、気になる企業はチャレンジしていきましょう。

Step03: 《選考1社ごとに1~2週間》

書類選考・面接

書類選考は、約1週間前後で結果がでます。その後、面接の日程をの調整をします。
面接日を決めたら、基本的には、面接日程を変更するのは避けましょう。他の候補者との兼ね合いで面接を受けられなくなる場合もありますし、志望度が高くないのではというマイナスイメージにつながる可能性もあります。複数社に応募して並行していると、まとまった時間が必要になる場合もあります。「この日は面接日」などとメリハリをつけて活動すると効率的かつスムーズに行動できます。面接前には、事前準備とシミュレーションを徹底できるよう、会社ごとの対策時間を確保できるようにしましょう。

Step04: 《1週間》

内定

選考中の企業から内定を獲得したら、その企業へ入社するかどうか意思決定をします。志望度が高かった企業でも、いざ入社意思を固めるとなると迷うケースもありますが、その際には、Step01で整理した「強み」と「転職理由」が解決・実行できるかどうかを冷静に考え、決断することが大切です。
企業は内定を出したら、即戦力として、すぐにでも入社してほしいと思っているため、あまり考えずに回答期限を延ばすと、志望意欲が低いと判断されたり、他の候補者に内定を出したり、内定取り消しになる可能性もないとは言えません。内定が出る前段階から、きちんと整理して、内定後の意思を決断することをおすすめします。

Step05: 《4週間》

退職交渉

現職の方は、退職の申し出をします。退職の申し出は退職の1カ月前に上司に伝えるのが一般的ですが、就業規則に退職のルールが決まっていますので、必ず事前に確認しておきましょう。退職が決定したら、自分が担当している業務をきちんと引き継ぎしましょう。引き継ぎがスムーズに行えるように、後任が見つからない場合は、マニュアルなどを作成し、上司へ業務が引き渡せるようにし、入社日変更が発生しないようにしましょう。