転職成功術

どの企業や環境が自分にマッチするのかを見極めるためには、自分の考えをまとめておく必要があります。

よくある失敗から転職活動を考えよう!

転職活動の成功は、内定獲得ではなく、自分らしくイキイキと働ける仕事・企業との出会いによって、自分自身が成長できることです。どの企業や環境が自分に合っているのかを見極めるためには、転職活動においての自分の考えをまとめておく必要があります。
転職活動中「考えるべきこと」をおさえて、行動しましょう。

よくある失敗から転職活動を考えよう!

成功の秘訣は「事前準備」にあり!

転職を思い立つタイミングは、人それぞれです。現職中から転職活動をする方もいれば、離職してから転職活動する方もいらっしゃいますが、円滑な転職活動を行うには、事前準備が欠かせません。特に、仕事をしながら転職活動する場合は、限られた時間の中で、身近な人へ相談することが難しく、1人で考え活動しないといけない場合が多くあります。しっかりとした事前準備にこそ、転職活動を成功の秘訣があります。

  • 活動前に考えること

    転職理由

    なぜ転職したいのか、転職をしようと思ったきっかけや動機を明確にする

    自分の強み・弱み

    今までの社会人経験で得たスキル・仕事のマインドなどを振り返り、強みと弱みを整理する

    転職で達成したい目的

    今回の転職活動で成し遂げたいこと、実現したいこと、将来像など、理想をまとめる

  • 活動中に考えること

    応募

    なぜ応募するのか「志望理由」が転職軸とマッチするかどうか

    面接前・面接中

    面接企業で活かせる自分の経験と転職軸がマッチしているかどうか

    内定・意思決定前後

    内定企業に入社すると、転職理由・転職の目的を本当に満たせるかどうか

転職活動中によくある「失敗あるある」

転職活動への考えを深めずにやみくもに活動した場合によく陥る「失敗」を、まとめてみました。意外な部分で失敗してしまったという例は多く、その多くは準備不足が影響しています。準備を行えば、失敗を防ぐことが可能になります。あまり焦らず、着実に活動しましょう!

事例1

求人検索・応募時の失敗「どの求人が自分に合っているかわからない」

求人サイトに頻繁にアクセスをして自分の希望に合いそうな求人を検索しているものの、自分にとって、どの求人がいいのかわからず、応募できていない。最近では、どの求人もあまり魅力的に思えず、応募したい求人をどのように見つければいいのかもわからない。

  • なぜ?

    自分の中で「転職理由」が整理できていないまま、求人を探しているため、決断ができないのではないでしょうか。そのため「自分がどんな企業がいいのか」ということを認識できておらず、選択が難航しているということが考えられます。また、希望条件を完璧に満たす求人を探すあまり、いわゆる「高望み」をしている可能性もあります。
    数多くの求人がありますが、自分の希望を100%満たす企業との出会いは極めて稀なものです。求人応募の段階では、完璧を求めすぎないようにしましょう。

  • こうしよう!

    準備の際に「転職理由」を明確にした上で、転職に求める条件の優先順位付けをしてましょう。「なぜ転職しようと思ったか」「転職後、どうしたいか」を考え「解決・実現できる求人」を探すことが重要です。
    やむを得ない転職の場合でも「絶対に譲れない条件」を明確にしておくことが大切です。

事例2

面接時の失敗「面接で話す内容に一貫性がないと言われる」

会社情報や求人を読み込んだ上で面接に臨んだが、何個か質問をされた段階で、面接官から「先程の質問の回答と少し矛盾する」と言われ、面接の終盤に「回答に一貫性がない」と指摘を受けた。今後の面接でどうしたらいいのかわからない。

  • 転職理由

    「転職理由」と「志望動機」「転職軸」をそれぞれ考えてしまっており、転職に関する考え方がずれて相手に伝わってしまっているのでがないでしょうか。
    転職理由を解決・実現できるから応募した企業の志望動機は、転職理由と通じる内容が入っているべきです。
    本来は面接では、あなたのことを話しているのですから、話の内容には矛盾点はないはずです。
    面接では志望動機はもちろんのこと、入社後のこと、転職理由などなぜ入社したいのかさまざまな角度から質問されるため、事前に自分のことが整理されていないと、話に一貫性がなくなってしまいます。

  • 応募

    転職理由、志望動機、転職の目的や将来像の全体を見直したときに、考えに矛盾がないかを面接前に必ず見直しましょう。
    面接では、企業ごとにある競合優位性を把握した上で、志望動機を考える必要があります。
    その上で、転職理由などと一貫した内容かどうかを熟考しないといけません。
    また、中途採用は、基本的に「即戦力採用」ですので、面接官は「あなたが具体的に何ができるのか」を様々な角度から確認をします。
    面接前には必ず事前準備の時間を確保し、余裕を持ったスケジュールを立てましょう。

事例3

内定後の意思決定時の失敗「本当に入社していいのか決められない」

選考中の企業から内定をもらった。その会社は、仕事内容やお給料にも納得しており、社員さんもいい方ばかりだ。しかし、本日、書類選考中だった企業から、面接の依頼がきた。内定をもらった企業より大手だし、そっちの選考を受けてから内定企業への入社を考えようか迷っている。

  • なぜ?

    転職理由や希望条件に優先順位が整理できていないまま、内定がでてしまい、決断ができないのではないでしょうか。
    転職を通して、何を実現したかったのかを明確にする必要があります。
    転職理由にも労働時間短縮・給与面向上・勤務地・社風等、条件といってもさまざまなものがあります。
    また、社名や社格だけで企業を選択してしまって、入社後に苦労するというケースもあります。
    そんな曖昧な選択で本当に転職後、長くその会社で活躍できるのでしょうか。

  • こうしよう!

    転職で解消・実現したいこと、条件の優先順位をあらかじめ考えておきましょう。
    特に条件は、すべて納得する企業を探し出したらキリがありませんので、自分は転職でこの条件は譲れないというものを整理しましょう。
    また、今までの経験を活かし、発展させられそうかという点で選択肢を考えるのもよいでしょう。
    何が本当に転職で大切にしたいことなのか、活動前、活動中も考えながら活動を行い、常に、冷静に判断ができるよう、考えを整理しておくことをおすすめします。