初めての転職

転職活動を始めるにあたって、知っておくと役立つことをポイントごとにまとめました。

初転職、一体どうしたらいいの?

初転職をするため、活動している方は何かと不安や疑問点が多いはずです。
転職活動を始めるにあたって、知っておくと役に立つポイントを5つの観点からまとめました。
ぜひ転職を成功させるヒント・キッカケにしてください!

初転職、一体どうしたらいいの?

Step01: 転職について考える

転職を思い立つタイミングは、人それぞれです。現職中から転職活動をする方もいれば、離職してから転職活動する方もいらっしゃいますが、円滑な転職活動を行うには、事前準備が欠かせません。特に、仕事をしながら転職活動する場合は、限られた時間の中で、身近な人へ相談することが難しく、1人で考え活動しないといけない場合が多くあります。しっかりとした事前準備にこそ、転職活動を成功の秘訣があります。

POINT

どのタイミングで、どんな仕事へ転職したらいいか、自分自身のキャリアについて悩んでいる方はたくさんいらっしゃると思います。そのような時は、転職のプロであるコンサルタントへ相談し、これまでのキャリアの棚卸し、今後のキャリア形成について、相談されるとよいでしょう。

Step02: 企業に応募する

一般的に知られている企業のイメージや知人などから得た情報だけで、応募企業を決めるのはよくありません。
ただ、企業の中途採用は、今までの経験が合致した人材をピンポイントで採用する傾向が強いため、企業の情報は限られたところからしか収集することができません。一方で、転職支援会社は、求人企業の採用におけるパートナーとして情報収集をしていますので、転職支援会社を通して有益な情報を得られます。「非公開求人」もその1つです。

POINT

業界動向を知りつつ、求人や企業の詳細情報を収集することは、転職活動の可能性を広げ、成功につなげるために必要なことです。自分の力だけでは、なかなかコアな情報を知ることが難しいと思いますので、コンサルタントに相談されるといいでしょう。

Step03: 書類選考・面接を受ける

まずは、書類選考時に必要な「職務経歴書」の作成が大きなハードルになります。今までの経験を簡潔でわかりやすくまとめなければなりません。企業が求めるポイントをおさえて作成するのはなかなか難しいものです。
さらに、その後の面接においては、これまでの仕事内容はもちろんのこと、入社後どのように活躍するかを、限られた時間の中で面接官に伝えなければなりません。書類内容や面接で話そうと思っている内容を確認してもらう相手もいないため、本当にPRのポイントが合っているのかも確認できぬまま、自分1人でまとめて、面接対策も考えなければならないので、とても苦労する方が多いのが実情です。

POINT

PRのポイントが実際に企業が求めているものと合致するのかどうかわからぬまま書類や面接で伝えても、的外れになってしまうことが多いかと思います。
第三者の活動支援によって、効率的に転職活動を進めるためにも、コンサルタントへ相談してみるといいでしょう。

Step04: 内定後の対応・入社まで

転職活動は約2~3カ月で内定が獲得できるのが一般的です。すぐにでも中途採用で人を採用したいと考えている企業は、内定を通知してから1週間前後で意思決定してほしいという場合がほとんどです。意思を固め、スムーズに入社をするためにも、活動前の入念な準備は欠かせません。
自分が今後、仕事を通じてどのようになっていきたいのか、転職の軸を固めておく必要があります。また、新卒入社ほどの細かい研修がある会社はほとんどありません。入社前には、着任するであろう業務の知識を自身で勉強したり、即戦力として活躍できるよう、下準備をしておきましょう。

POINT

大切な意思決定をするためには、自分が今後どのようにしていきたいかを見通して、転職活動をすることが大変重要です。5年・10年など先のキャリアまでを見据えての転職を決定するために、コンサルタントに相談し、自分の未来をクリアにするとよりよい転職の実現が可能になります。