面接で伝えるべき内容

採用担当の目線や評価ポイントをまとめました。

面接ポイントをおさえて話をしないと意味がない!?

面接の流れや面接でよくある質問を整理したとしても、面接官や企業ががどのようなポイントで評価しているのかを知らないと整理した意味がなくなってしまいます。
面接での合否はどのように決まるのかを理解して、面接準備に取り組めるよう、採用担当の目線や評価ポイントをまとめました。

面接ポイントをおさえて話をしないと意味がない!?

Step01: 訪問~面接まで

面接官がこの人なら入社してほしい!と思う瞬間は、面接でのあなたの話と実際に企業の募集職種・社風に合致する点が多いと思ったときです。どんなに優秀で、スキルがマッチしていたとしても、社内の人たちと恊働しているイメージが持てない場合は、不合格になってしまうケースもあります。
また、社風に合致していても、任せたいと思っているミッション(職種)とあなたの強みや興味のマッチ度合いが低い場合は不合格になってしまうケースがあります。
そのためには、会社のこと、応募職種のことについて調べ、自分自身の強みや希望の合致ポイントがどこなのかを知った上で面接の質問に対する回答をどのような内容にすればいいのかを準備する必要があります。この方法で準備すれば、面接に通過するだけでなく、自分との相性がいい会社探しができるため、入社後も違和感を感じることなく、働ける職場と出会うことが可能です。

Step02: どんな会社か徹底分析

企業のホームページはもちろんのこと、求人票や企業の情報は必ずチェックしましょう。
その中で特に調べておくといい情報は、「どんな社員が多いか」「求人の求める人物像」「求人の求める必須スキル」「サービス・商品情報」「競合にはないその企業の特徴」「企業の最新情報」は必ず確認をしましょう。ただ会社の情報を集めるだけではなく、調べている間に、応募求人に今回期待されているであろうポイントは何かを考え、自分自身の強みや経験のどの点が特に企業のニーズを満たすかを考えながらリサーチし、面接準備するとよいでしょう。

Step03: 応募職種について分析

企業について調べると同時に、応募・希望した職種に求められる資質や経験も調べましょう。
その情報を元に、希望職種に必要な資質と自分の今までの経験や強みで合致する点をまとめてみましょう。
例えば、営業職の場合、仕事内容を調べて、「①人への提案が多い職種」「②目標達成が求められる職種」であると分析します。次に①と②に合致する経験やエピソード、強みを探します。
①の場合は、過去の顧客に積極的に提案をし、成果につながったエピソードなどをまとめてみるといいのではないでしょうか。さらに、どのような提案で、顧客からどの点を評価されたかなど、具体的にまとめるとよいでしょう。②の場合は、過去に目標を達成するために創意工夫した経験や目標に対するあなたの考えなどをまとめておくとよいでしょう。このように、応募職種に求められている資質や経験と自分のことをマッチさせて考え、面接準備することで、面接で伝えるべき内容を網羅することができます。