面接の流れ

面接当日の流れや進行の様子を事前に知っていれば、緊張がやわらぎます。

面接当日の流れを知って、イメージを持とう!

面接当日の流れや進行の様子を事前に知っていれば、イメージもしやすく、少しは緊張が和らぐのではないでしょうか。すべての面接が下記の流れに合致するわけではありませんが、事前準備の練習の際の参考などにしてください。

面接当日の流れを知って、イメージを持とう!

Step01: 訪問~面接まで

面接開始5分前くらいには企業の受付に到着できるよう、当日のスケジュールを組んでおきましょう。
ただし、予定より早すぎる訪問は逆に迷惑になりますので、5分~10分前を目安にしましょう。
電車遅延などがあって、やむを得ず面接に遅刻しそうな場合は、早めに企業へ連絡しましょう。
受付、入室のマナー、面接官への挨拶などは第一印象をつくる大切な場面ですので、心配りを忘れずにしましょう。

Step02: 面接スタート~自己紹介~今までの経歴

面接開始直後は、面接官も緊張しているケースが多いため、ちょっとした世間話などをはさむ面接官が多いです。始まったばかりで緊張しているとは思いますが、その後の面接をスムーズに進めるためにも、面接官がどんな感じの人なのかを探る時間と落ち着かせる時間に使いましょう。
最初の質問として比較的多いのが「自己紹介」や「今までの経歴」など、あなたについてです。
ついつい自分のことなので、たくさん話そうとしてしまいがちですが、「端的に話す」ことを忘れないでください。
短すぎるのはよくありませんが、面接官とあまり会話をしていない面接序盤で一方的に自分だけが話をしてしまうと、面接官も次の質問に困ったり、何を言いたいのかわからず、印象を悪くしてしまうことがあります。
簡潔にまとめて話すという意識をもって、自己紹介や経歴を話すようにしましょう。

Step03: 転職理由~志望動機

自己紹介や職務経歴について確認されたあと、よく付随して聞かれるのは「転職理由」と「志望動機」です。「転職理由」は、ついつい緊張もほぐれてきて、現職(前職)の批判や嫌なところだけを言ってしまいがちです。面接官は愚痴を聞くために、転職理由を質問しているわけではありませんので、転職して「どのようになりたいのか」という前向きな回答を心がけましょう。「志望動機」は、企業と応募職種の志望理由を確認される多いです。
それぞれ事前に準備して、当日対応できるようにしましょう。

Step04: 入社に対する希望

あなたに対しての質問が終わったあとは希望条件など確認がある場合があります。
入社可能時期や勤務地、勤務時間、希望給与などの確認が一般的です。あなたの希望を伝えればよいのですが、単に自分が考えた根拠のない希望ではなく、きちんと根拠ある希望を言うことが重要です。
例えば、今より高い給与を希望する場合、なぜその額が希望なのかを相場などの情報を元に客観的に説明できなくてはなりません。ここで、あまりにも自分の希望のみを伝えすぎると、マイナスな印象を与えかねませんし、企業や職種への意欲も弱いのではないかと見えてしまいますので、慎重に伝えましょう。

Step05: あなたからの質問時間~面接終了

面接の最後に、あなたからの質問を受ける時間が設けられる場合が多いです。
面接前に調べていて知りたかったこと、面接中に感じた疑問や応募企業の内部のこと、応募職種の詳細についてなど、企業を知る少ない機会になりますので、積極的に質問をしましょう。
また、質疑応答の時間は、あなたをアピールする最後のチャンスとなりますので、最後に意欲などを伝えるとよいでしょう。質問時間が終わると、面接終了です。面接後のマナーも、あなたの印象になりますので、面接の時間をいただいたお礼をその場で誠意を持って伝えましょう。