面接準備・マナー

面接前準備のポイントと、面接当日の服装やマナーをまとめてみました。

面接の基本は準備と面接の際のマナーから

いよいよ面接という場面で必要な面接前準備のポイントと、面接当日の服装やマナーをまとめてみました。準備とマナーはできていて当たり前なのが転職です。もう一度本番までに振り返って、適切な対応ができるように準備しましょう!

面接の基本は準備と面接の際のマナーから

面接でよくある質問例を徹底的に整理しよう!

面接でよくされる質問はあらかじめ、どのように当日回答するのか準備をし、イメージすることが大切です。
ただし、面接官が知りたいポイントとずれて整理しても、何の意味もありません。質問の意図を捉え、相手に回答できるようにしましょう。

【参考ページ】

企業研究・職種研究を徹底しよう!

面接でよくある質問への準備と同時に、応募企業の研究(業界研究)、応募職種の研究も行う必要があります。
ホームページや本、インターネットなどを使い、企業や業界、職種の特徴を知った上で、自分自身の経験や強みとマッチする点を抽出し、合致するポイントを面接で伝えられるように準備しましょう。面接の合否は「あなたと企業のマッチ度合い」で決定します。
応募企業や応募職種をきちんと知らないと探すことができないため、きちんと調べて面接に備えましょう。

面接マナー

心構え

面接は「企業のニーズとあなたの経験・希望のマッチ度合いを伝える場!」

面接は企業にあなたのアピールをするだけではなく、相手とあなたの希望や必須条件が合致する部分特に伝えることができないと、どれだけ自己PRがうまくて伝わっても不合格になってしまいます。
また面接当日は自分だけが判断させると思い過ぎず、せっかく企業と直接接点が持てる機会ですので、あなた自身も企業の雰囲気や面接官へ企業のことを質問するなど、積極的に企業を知り、転職先として、自分の目的を達成できる会社なのかどうかを判断するようにしましょう。

できて当然!面接マナー

本番は緊張して、いつもなら自然とできていることも、できなくなってしまいがちです。

以下のポイントに留意して、面接のマナー、意識してみましょう。

面接前日「身だしなみを整える」

スーツのしわ、靴の汚れは目立ちます。前日に必ず手入れしておきましょう。

企業訪問時「身だしなみの最終チェックと訪問時間」

会社の建物に入る前に、必ず身だしなみの最終チェックを忘れないようにしましょう。特に冬はコートなどはビルに入る前に脱ぐなどの基本的なマナーを忘れがちですので、注意しましょう。
また、訪問時間ですが、あまり早すぎても企業に迷惑がかかりますので、5分前を目安に受付に向かいましょう。早く企業に到着した場合には、周辺のカフェなどで一息つくのも、緊張がほぐれていいかもしれません。

面接中「姿勢、話し方、しぐさ、くせ」

面接中は普段のくせが出てしまいがちです。特に次のポイントを気をつけましょう。
まずは、「姿勢や視線」。猫背になっていたりすると暗くてダラダラした印象になりがちです。また視線も下ばかりみないように気をつけましょう。
次に「話すスピードと声の大きさ」。早口だと思う方はいつもよりペースを落としてゆっくり話すように心がけましょう。また声も小さすぎると何をいっているか面接官に伝わりません。

面接後「家に帰るまでが面接」・面接後「家に帰るまでが面接」

面接後、緊張から解き放たれて、ついついだらけてしまうものです。しかし、企業を出ても、近くに社員の方がいたりしますので、家まで気を抜かずに対応しましょう!
相手が聞き取りやすい大きさで話をしましょう。次に「しぐさやくせ」。面接が進んできて緊張がやわらいでくると、ついつい普段のくせが出てしまう人がいます。例えば、足を組んでしまったりなど。
緊張しすぎないことはいいことですが、最後まで「面接」を意識してのぞみましょう。

基本の「挨拶」

面接当日の「礼儀正しく元気な挨拶はそれだけで好印象!」

面接の場では、挨拶をする場面が多くでてきます。
礼儀正しく、明るい挨拶はそれだけでイメージがよくなります。

受付での挨拶・受付での挨拶

一番初めは企業へ訪問した際の受付の対応です。
「~時からの面接で参りました~~です」と明るく対応しましょう。

面接初めの挨拶・面接初めの挨拶

面接時は座って面接官を部屋で待つパターンが多いと思います。部屋に面接官が入ってきたら、素早く席を立ち、「本日はよろしくお願いします」など挨拶をすると好印象です。

面接終了時の挨拶

面接終了時とお見送りの際は「本日はありがとうございました、引き続きよろしくお願いします」など、お礼をすると、誠実な印象になります。