面接でよくある質問対策

面接でよくある質問をまとめました。

面接でよくある質問対策

面接でよくある質問を「自己紹介」「経歴」「転職理由」「希望条件」の観点でまとめました。
また、面接の最後にある質問時間にしたほうがいい質問内容もまとめましたので、参考にして事前準備をしてみてください。

面接でよくある質問対策
1.自己紹介に関するよくある質問
質問の狙い

経験、スキル、成果、人間性、質問への対応力を確認。

  • 簡潔にわかりやすく話ができるか
  • どのようなコミュニケーションをとるのか
  • 今までの経歴が今回の募集職種のニーズにマッチするか
  • 仕事でどのような成果を出した人なのか
  • 質問の意図を理解して話ができる人なのか
ポイント
  • 2~3分を目安に、経験・スキルなどのポイントをまとめる
  • 具体的な成果の数値、エピソードを交える
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
質問の狙い

人間性、質問への対応力、自分のことをきちんと把握しセルフコントロールできる人かどうかを確認。

  • どのようなコミュニケーションをとるのか
  • 簡潔にわかりやすく話ができるか
  • 質問の意図を理解して話ができる人なのか
  • 自分のいいところも悪いところもわかって、セルフコントロールをして仕事に取り組める人かどうか
  • 短所や失敗に対して、きちんと改善のための行動や努力ができる人なのかどうか
ポイント
  • 端的に話をし、その強みや弱みを証明できるエピソードも具体的に話せるようにする
  • 過去の成功・失敗体験や実績・改善策を中心に話をすると、転職後の将来的なキャリアプランが面接官も想像しやすいのでよい
質問の狙い

人間性、興味・関心の幅を確認。

  • どのようなコミュニケーションをとるのか
  • 簡潔にわかりやすく話ができるか・簡潔にわかりやすく話ができるか
  • 好きなものに対しての執着心や探究心を理解し、仕事への探究心を想像する材料にする
  • プライベートでの関心事からあなたの本心を探る・プライベートでの関心事からあなたの本心を探る
ポイント
  • どうして好きなのか、どんなところに関心があるのかなどを伝えるとよい
  • あまり固くならずに、リラックスして、自分の好きなものについて話をする
質問の狙い

仕事に対するモチベーションや志向性を確認。

  • どのような瞬間に「楽しい」「嬉しい」と感じる人なのか
  • 仕事のモチベーションがどこにある人なのか
  • あなたのモチベーションと今回の募集職種がマッチしているかどうか・あなたのモチベーションと今回の募集職種がマッチしているかどうか
ポイント
  • 事前に募集職種が「どのような仕事か」をよく理解し、即した回答をする
  • モチベーションがあがったときのエピソードを簡潔に話せるようにまとめる
質問の狙い

仕事に対するモチベーションや志向性を確認。

  • どのような瞬間に「つまらない」「つらい」と感じる人なのか
  • 仕事のモチベーションがどこにある人なのか
  • あなたのモチベーションと今回の募集職種がマッチしているかどうか
ポイント
  • 事前に募集職種が「どのような仕事か」をよく理解し、即した回答をする
  • モチベーションが下がったときのエピソードを簡潔に話せるようにまとめる
  • モチベーションが下がったときの対処法も合わせて話ができるようにする
  • 他責性が高い印象にならないように注意する
質問の狙い

自分自身を客観的に把握・認識してるかどうか、素直さを確認。

  • 自分を客観視できてるかどうか
  • 周囲からの評価を素直に受け入れ、改善やさらなる向上につなげているか
ポイント
  • 自分の仕事の働き方が●●だから、このような評価をされていると思うという話ができるとよい
  • 周囲からの評判や期待にどう対応・努力しているか
  • 素直に悪いところは受け入れ、成長し続けられる人なのかどうか
2.今までの経験に関するよくある質問
質問の狙い

どんな経験を積んできたのか、キャリアについての確認

  • どんな経験をつんできて。どのようなことができるのか
  • どのような実績、成果を出してきたか
  • 今までの経歴が今回の募集職種のニーズにマッチするか
ポイント
  • 「業務内容」「規模」「役職・役割」「具体的な経験」「成果」を中心に話をする
  • PRしたいポイントよりもまずは時系列で経験と成果を端的に話す
質問の狙い

実績をだすためのり工夫やプロセスができるかどうかを確認

  • 成功を再現させるための方法論をもっているかどうか
  • 何をどのように成し遂げたのか具体的な実績があるかどうか・何をどのように成し遂げたのか具体的な実績があるかどうか
ポイント
  • 実績自体を伝えるのではなく、成果を出すためのプロセス行動や創意工夫を話すようにする
  • 何をどのようにしてどれだけ行い、成果につなげたかを具体的かつ数値を用いて説明する
  • 実績について、社内や業界内からみた客観的数値や意見が入っているとなおよい
質問の狙い

ミスがあった際にどのような工夫やプロセスで改善できるかを確認

  • 失敗・ミスがあったあと、どのように改善できるか
  • 何をどのように対応したかなど、具体的な対処経験があるかどうか
ポイント
  • 失敗談を伝えるのではなく、その後にどのような改善策を考え、行動したかを話す
  • 対応したことにより、その後の成果や再発防止につなげたかを具体的かつ数値を用いて説明する
質問の狙い

そのスキルを今後、どのように活かしていきたいか・活かしていけそうかを確認

  • 今までに身につけたスキルをどのように今後活かせそうか
  • スキルをどのように活かしたいと思っているか志向性を確認
  • 今回の募集職種のニーズにマッチするか
ポイント
  • 今まで培ったスキルではなく、それを今後どのようにその企業で活かせるかまで話ができるとよい
  • スキルがどのような範囲までできるかの具体的な対応可能範囲を伝える
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
質問の狙い

実績をだすためのり工夫やプロセスができるかどうかを確認

  • 成功を再現させるための方法論をもっているかどうか
  • 何をどのように成し遂げたのか具体的な実績があるかどうか
ポイント
  • 実績自体を伝えるのではなく、成果を出すためのプロセス行動や創意工夫を話すようにする
  • 何をどのようにしてどれだけ行い、成果につなげたかを具体的かつ数値を用いて説明する
  • 実績について、社内や業界内からみた客観的数値や意見が入っているとなおよい
3.転職理由に関するよくある質問
質問の狙い

現状の仕事における課題を、転職により解決したいかを確認

  • 今回の転職における目的は何か
  • 仕事において愚痴や不満を持ちやすいタイプでないか
  • 募集職種のニーズにマッチするか
ポイント
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
  • 「●●できない」「●●が不満」ではなく「●●したい」という視点から前向きに転職理由を伝える
  • 職場の愚痴や不満が理由になっていないかを確認
  • 今の職場では実現できないが応募企業では実現できる希望や内容を理由にする
質問の狙い

今後のキャリアプランや転職理由の整合性を確認

  • 途中で仕事を投げ出さない人かどうか
  • 今後のキャリアプランと募集職種のニーズがマッチするかどうか
ポイント
  • 今後のキャリアプランで、前職から今回の転職はどのような位置づけなのかを話せるようにする
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
質問の狙い

今後のキャリアプランや転職理由の整合性を確認

  • 転職したい理由が個人的なわがままでないかどうか
  • 今後のキャリアプランと募集職種のニーズがマッチするかどうか
ポイント
  • 本当に転職の目的を達成できるような転職活動をしているのかを再考する
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
質問の狙い

弊社でなければならない理由の確認

  • 本当に入社してから何をしたいかが明確で企業選択をしているか
  • ただの興味本位なだけで志望しているわけではないか
ポイント
  • 業界内において、競合と比較してどう部分に強みのある会社かを調べる
  • リサーチした上で、求める環境どこか近いのかを整理する
  • やりたいこと、希望がなぜかなえられるのかを理由を話す
質問の狙い

あなたの「希望・良い職場」の定義を確認

  • どのような転職活動の希望をもっているかどうか
  • 希望と募集職種のニーズがマッチするかどうか
  • 転職活動の選択軸にブレはないかどうか
ポイント
  • 本当に転職の目的を達成できるような転職活動をしているのかを再考する
  • 募集職種の必要スキルや求める人物像を確認し、該当するポイントを抽出して話せるようにする
質問の狙い

弊社でなければならない理由の確認

  • 本当に入社してから何をしたいかが明確で企業選択をしているか
  • ただの興味本位なだけで志望しているわけではないか
ポイント
  • 業界内において、競合と比較してどう部分に強みのある会社かを調べる
  • リサーチした上で、求める環境どこか近いのかを整理する
  • やりたいこと、希望がなぜかなえられるのかを理由を話す
4.諸条件に関するよくある質問
質問の狙い

自分の価値をどのように認識しているかを確認

  • 今までの実績・成果を客観的に評価できているか
  • 業界の水準などを理解しているか
  • 思いや希望だけで条件を言っていないか
ポイント
  • 希望年収の算出にあたっての根拠を明確にする
  • 現状の給与の詳細を再度確認しておく
質問の狙い

残業や休日出勤などのイレギュラーに否定的すぎないかを確認

  • 極端に働き方についてのこだわりがないか
  • もし残業などができないのであればその理由は何か
ポイント
  • 残業や休日出勤に対しての考え方をまとめておく
  • 働き方への希望がどうしてそう思うのかの根拠をまとめておく
質問の狙い

今後の調整に必要なので念のため確認

  • 今後、いつくらいまで入社できそうなのか
  • どのようなスケジュールで転職活動を終了したいと考えているか
ポイント
  • 離職中の場合は基本「いつでも」だと思うが、何かある場合はその場で相談する
  • 現職の場合は明確にしなくてもよいが、いつくらいまでには入社したいかを伝える
質問の狙い

弊社への意向の強さを確認

  • 併願状況の確認・併願状況の確認
  • 弊社への入社意欲の度合いの確認
ポイント
  • 第一志望なら、その旨をきちんと伝える
  • 第一希望でなくても、前向きな旨は伝えるが「入社します」と言って後日辞退は避けるようにする
5.あなたが面接でしたほうがいい質問
ポイント
  • 相手の募集ニーズをさらに理解できる情報収集をする
  • 自分の希望と相手のニーズが合致しているかどうかを調べられる
ポイント
  • どういう人が活躍しているのかを理解する
  • どういうポイントで人を評価しているのかを理解する
  • 自分の希望や性格とマッチしているかどうかを判断する
ポイント
  • 自分が入社したときに、どのような業務をどのように進めるかを具体的に知る
  • 自分の希望と実際の仕事が合致しているかどうかを調べられる
ポイント
  • 入社したときにどんな人と仕事をするのかを把握する
  • 自分の希望や性格とマッチしているかどうかを判断する
ポイント
  • 一緒に働くであろう人の感覚やモチベーションがどんなものなのかを知る
  • 自分の希望や性格とマッチしているかどうかを判断する
ポイント
  • 一緒に働くであろう人の感覚やモチベーションがどんなものなのかを知る
  • 自分の希望や性格とマッチしているかどうかを判断する