職務経歴書の作り方

あなたの経歴を端的かつ的確に書くための情報をまとめてみました。

職務経歴書は何をどう書けばいいの?

応募したい企業へ書類選考の依頼をする際、必ず必要になるのが「履歴書」と「職務経歴書」です。
履歴書は、一定の項目をきちんと網羅すれば比較的作成しやすい書類ですが、職務経歴書は定型のフォーマットがないため、何をどのように書いたら良いかわからない方も多いのではないでしょうか。
あなたの経歴を端的かつ的確に書くための情報をまとめてみました。
魅力が最大限に伝わるような職務経歴書になるよう心がけましょう!

職務経歴書は何をどう書けばいいの?

Step01: 記載する内容の整理

職場について・業務内容・経験・実績など、今までの経歴をさまざまな観点から整理してみましょう。
特に次の項目については、職務経歴書にまとめる前にノートなどに書き出して、記載する内容の参考にするとよいでしょう。

勤務先企業について

事業内容、従業員数、直前期の売上など、勤務先企業の情報を調べ、わからない情報はホームページなどで確認しましょう。

マネジメント経験について

部署・プロジェクトでリーダーやマネジャーの経験がある場合は、組織の規模(メンバー数など)と自分の役割、マネジメントとしての成果をまとめます。教育指導の経験がある場合も担当領域や担当したメンバーの成果などを書くとよいでしょう。

仕事内容の詳細

「仕事内容に従事していた期間」「所属部門」「役職」「顧客先」「対応方法」「具体的な業務内容」をまとめます。

経験を通じて自分のできること

具体的な職務や成果を振り返り、今まで培ってきた仕事上の能力をまとめます。「~~できる」「~~の知識がある」という観点で書くといよいでしょう。

成果について

仕事でどのような業績・成果をあげたか(売上高、コスト削減、顧客満足度の向上、目標達成率など)を具体的な数値を交えてまとめます。社内表彰の経験があれば、一緒にまとめて記載しましょう。

自己PR

今までの経験で身につけた能力や仕事への考え方などで、自分の強みをアピールします。その中に、転職先で、今後どのような仕事をしたいかという希望、理由も盛り込むとよいでしょう。

Step02: 職務経歴書の形式を選ぶ

記載内容を整理した後は、職務経歴書をどのような形式で書くかを選びます。職務経歴書の形式には、大きく2つあり、「編年体式」はと「キャリア式」があります。どちらが自分のキャリアを書きやすいかを判断し、選択しましょう。

編年体式

経歴を古いものから順に時系列に記載する方法です。最近の経歴のものを、詳細に記載し、PRができる職務経歴書の形式を指します。
※業務の習熟度表現しやすい形式のため、同じ業務に長年従事した方におすすめです。

キャリア式

職務内容ごとに経歴をまとめる方法。同じ業務経験なら、異なった会社や部署での経験でも、ひとつにまとめて記載が可能。業務経験を詳細に記載できるため、幅広い業務に従事した方におすすめ。また、業界・職種によって形式には若干の違いがあります。

【参考ページ】

Step03: 形式に従い作成

形式を選択したら、「職務経歴」「職務で身に付いた力」「自己PR・今後の希望」の3部構成でまとめた内容を参考に作成に入ります。判断し、選択しましょう。

作成の注意点

・「私」「僕」は記載不要
・個条書きにして簡潔にまとめる
・社内用語、略語を使わない

Step04: 最終確認

作成が終了したら、印刷し全体の最終確認をします。改行や改ページなどのレイアウトが見やすいか、誤字・脱字、行頭・行末が合っているかなど、細部までチェックしましょう。
初めて見た人が読みやすいかどうかという視点で確認すると、より職務経歴書全体にまとまりがでます。